日本幼児体育学会公認の幼児体育指導員(専門)の資格更新を行いました。

私が所属しております日本幼児体育学会において
3月13日に開講されました
幼児体育指導員(PROFESSIONAL LEVEL(専 門))の
資格更新講習会を受講し資格の更新を行いました。

専門レベルの資格は、
学会認定の幼児体育指導員養成講習会の講師資格
の有するものとなります。

この専門レベルの資格を取得させていただいてから
10年以上となります。

講習会の講師をしていただた先生方から
改めて幼児体育についての考えを確認したり、
今後の幼児体育の展望や
それぞれの先生方が、大切にされている指導について
お聞きする事で、
自らの子どもへの関りや指導について
改めて見つめ直す時間
子ども達のためにできる事について胸を熱くする時間となりました。

今後も
保育学と体育学の融合された新たな学問としての幼児体育
乳・幼児~小学生6年生まで運動・スポーツを指導している
現場の立場から実践研究し、
さらに突き詰めていきたい
と思います。

今年も愛媛県幼稚園等新規採用教員研修にて運動遊びの講師を務めさせていただきました。

7月28日、今年も愛媛県教育委員会主催の
令和3年度愛媛県幼稚園等新規採用教員研修において
講義『幼児の楽しい運動遊び』の講師を務めさせていただきました。

今年は、新型コロナウイルス再拡大にともなって
急遽、対面講義・実技を取りやめ、2時間のオンライン講義となりました。

実際の指導映像や動作の発達の映像を使用しながら
幼児の理解と運動指導の工夫をポイントに考えていきました

この講義を通して現場の先生方の保育に少しでも役立ち
子ども達の心身の成長に繋がればと思います。

これからも
運動を通して子どもたちのこころとからだを育む事ができるよう
日々、実践と研究を重ねていきたいと思います。

愛媛県幼稚園等新規採用教員研修にて幼児の運動における講師を務めさせていただきました。

7月29日、今年も愛媛県教育委員会主催の
令和2年度愛媛県幼稚園等新規採用教員研修において
講義『幼児の楽しい運動遊び』の講師を務めさせていただきました。

今年は、新型コロナウイルスの対策として
実技を取りやめ、2時間の講義となりました。

実際の指導映像や動作の発達の映像を使用しながら
幼児の理解を深め、指導の工夫を紹介し、考えていきました

新型コロナウイルスの影響で
指導現場では、様々な工夫がより一層求められています

この講義から現場の先生方の保育のヒントとなり
少しでも子ども達の心身の成長に繋がればと思います。

これからも運動を通して子どもたちのこころとからだを育む事ができるよう
日々、実践と研究を重ねていきたいと思います。

県内の発達支援センターにて講師を務めさせていただきました。

2月28日に県内の発達支援センター様のご依頼から
運動が苦手な子、怖がる子への遊びの提案をテーマに園内研修の講師を務めさせていただきました。

スポーツインターフェイスは、スポーツ*ASOBIスクール以外にも
フロー体育教室~支援を必要とする子のための教室~を運営しており、
フロー体育教室は、発達支援センターと連携しながらを進めております。

研修では、実際の教室映像を使用しながら
理論的に子どもの理解と苦手な子・怖がる子の理解をしながら
子ども達の変化する様子を紹介し、
合わせて園内施設の環境や手具、用具などできる遊びの提案を行いました。

研修後、
先生方から様々な嬉しいご感想をいただき、
実際に園で実践されていることを聞いています。

これからも子ども達のために子ども達と関わる先生方のサポートをできたらと思います。

子どもの運動に関する課題をお持ちの方は、
研修やイベントなど様々な形でお手伝いできますので、ぜひ
ご連絡下さい!!

愛媛県幼稚園等新規採用教員研修にて実技講習の講師を務めさせていただきました。

7月25日、今年も愛媛県教育委員会主催の
平成30年度愛媛県幼稚園等新規採用教員研修において
実技講習『幼児の楽しい運動遊び』の講師を務めさせていただきました。

この講習が現場の先生方の保育のヒントとなり
少しでも子ども達の心身の成長に繋がれば嬉しいです。

これからも運動を通して子どもたちのこころとからだを育む事ができるよう
日々、実践と研究を重ねていきたいと思います。

%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%80%80%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3