日本幼児体育学会第18回大会にて研究発表をさせていただきました。

日本幼児体育学会第18回大会に参加し、研究発表をさせていただきました。

今回は、2022年9月10日・11日に東京未来大学で開催されました。

大会テーマは
『子どもたちのか輝く未来のために~これからの幼児の体育・スポーツ・健康を考える~』です。

運動あそびの大切さや重要性、
からだの問題だけでなく、こころも動きはぐくむ
運動あそびの無限の可能性や奥深さ
研究結果や現場の実践といった
様々な視点で学ぶことができました。

シンポジウムⅠでは、
スポーツにおけるアスリートや指導者の立場、保育者の立場、研究者からの立場からお話があり、
幼少期の様々なあそび込みが、からだの面だけでなく、こころの面も育み、豊かな成長につながること、
あそびから得られる知識だけでなく知恵が人生を豊かにしていくこと
をお話の中から感じました。
また、3名の先生方のお話のつながりにおいて遊びが今後の成長に重要であることを改めて感じました。
合わせて、世界と比べた日本のスポーツにおける関わり方(単一スポーツの低年齢化)との違いを聞き、アスリート育成における指導現場での怪我やスキルの伸び悩みといった課題についてお話を聞くとともに
幼少期における様々な遊び体験が今後の成長に深くつながっていること
を聞かせていただきました。

 

また、今回も代表下崎が理論と実践を結びつける実践研究の発表をさせていただきました。

題は、「どんな子も楽しめる鬼あそびの工夫~子ども理解の視点からの分析~ 」です。

今回の発表では、今までに1歳児クラスから行ってきた鬼ごっこについて子ども達の様子と発達段階からみた理解・それに合わせた指導の工夫を紹介し、合わせて発達支援の視点でみた子ども理解の分析のすり合わせを発表しました。

様々な視点で子どもを理解をすることができれば、その工夫が見えてきます。

子どもを理解できればできるほど、その子ども達に合った遊びが提供でき、
その遊びのプログラムは、「どんな子も楽しめる運動プログラム」になり、
運動が好きになるきっかけを作ることができます。

今後も教育的な意図をもって行う「あそび」をさらに追及し

ミッションである
「こころとからだを育む『ASOBI』で子ども達の可能性を広げる」
を大切に実践と研究を進めていきたいと思います。

2022年 スポーツ*ASOBIスクール 

成長実感率100% 松山市・伊予市 乳幼児・学童期専門
少人数制
 体育・スポーツ教室 

スクール生を募集します!!

下記のクラスのみ 入会金・年会費 無料 です。

※定員となりましたら終了します。

● ASOBIスクール 緑町教室 幼児クラス② 11:00~ 3名
● ASOBIスクール 持田教室 幼児クラス 16:00~ 1名
● セレクトスクール 余土教室 小学2年生~ 17:10~ 5名

※他のクラスの空き状況は、お問い合わせください。

※ASOBIスクール詳細については、写真をクリック

※セレクトスクール詳細については、画像をクリック

※会員様のご感想は、こちらをクリック

※教室については、こちらをクリック

※料金については、こちらをクリック

※お問い合わせ・体験申し込みは、こちらをクリック

電話・メールでお問い合わせは、下記からお願い致します。

三重県 桑名郡市乳幼児教育推進協議会 教育講演会講師を務めさせていただきました。

7月30日に行われました三重県桑名郡市乳幼児教育推進協議会主催の
教育講演会 「乳幼児の楽しい運動あそび」
において
リモートで講師を務めさせていただきました。

あそびの要素を高めた運動指導において
子ども理解と運動あそびの工夫をポイント
理論と実践とを結びつける
実際の指導映像を交えながら伝えさせていただきました。

支援を必要とする子どもへの指導にも少しだけ触れ
どんな子も楽しめる運動あそびの実際をお伝えしました。

講演後の受講者のご感想では、
分かりやすかったことや現場ですぐに保育に取り入れたいなど
明日からの保育へ役立てる前向きなご感想を
多くいただきました。

この講演を通して現場の先生方の日々の保育がより充実し
少しでも日本の子ども達の心身の成長に繋がれば、嬉しく思います。

これからも
運動あそびを通して子どもたちのこころとからだを育む事ができるよう
日々、実践と研究を重ねていきたい
と思います

講習会・講師派遣のご依頼をご検討の方はこちらをクリックください。

愛媛県幼稚園等新規採用教員研修にて運動あそびの実技講師を務めさせていただきました。

7月26日、毎年ご依頼をいただいている愛媛県教育委員会主催の
令和4年度愛媛県幼稚園等新規採用教員研修において
講義『幼児の楽しい運動あそび』の実技講師

を務めさせていただきました。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大のさなかでしたが、
感染対策をしながら対面における講義・実技を行いました。

そのため、感染防止対策として
受講生同士の接触をしない実技内容でさせていただき、
講義において実際の運動あそび指導映像や動作の発達映像を使い、
具体的に分かりやすく

幼児の理解と運動あそび指導の工夫をポイントを考えていきました。

受講後の感想では、
講義内容が実技で体験し理解が深まったことを中心に
遊びの幅の広がり、遊び展開における工夫、指導者の言葉かけなど
様々な明日からの保育に役立てる前向きなご感想

を多くいただきました

この講義を通して現場の先生方の保育に少しでも役立ち
運動あそびを通して子ども達の心身の成長に繋がればと思います。

これからも
運動あそびを通して子どもたちのこころとからだを育む事ができるよう
日々、実践と研究を重ねていきたい
と思います。

講習会・講師派遣のご依頼をご検討の方はこちらをクリックください。

日本幼児体育学会公認の幼児体育指導員(専門)の資格更新を行いました。

私が所属しております日本幼児体育学会において
3月13日に開講されました
幼児体育指導員(PROFESSIONAL LEVEL(専 門))の
資格更新講習会を受講し資格の更新を行いました。

専門レベルの資格は、
学会認定の幼児体育指導員養成講習会の講師資格
の有するものとなります。

この専門レベルの資格を取得させていただいてから
10年以上となります。

講習会の講師をしていただた先生方から
改めて幼児体育についての考えを確認したり、
今後の幼児体育の展望や
それぞれの先生方が、大切にされている指導について
お聞きする事で、
自らの子どもへの関りや指導について
改めて見つめ直す時間
子ども達のためにできる事について胸を熱くする時間となりました。

今後も
保育学と体育学の融合された新たな学問としての幼児体育
乳・幼児~小学生6年生まで運動・スポーツを指導している
現場の立場から実践研究し、
さらに突き詰めていきたい
と思います。