代表者プロフィール

CIMG2159cropped-LOGO_3.jpg
乳幼児・学童期専門 運動スクール
~遊びから始まるスポーツとの出会い~

代表    下﨑 将一
        Shoichi Shimozaki

   運動ASOBIコンサルタント

≪資格≫

●小学校教諭一種免許・中高等学校教諭一種免許(保健体育)
●日本幼児体育学会認定 幼児体育指導員(専門)
●日本体育協会公認 ジュニアスポーツ指導員、スポーツリーダー、アシスタントマネジャ
●日本トップリーグ連携機構公認 ボールで遊ぼうマイスター

≪プロフィール≫

■愛媛県大洲市出身
■鹿児島大学卒、ワーキングホリデー(オーロラガイドinカナダ)
■2004年より東京へ上京し、幼児体育・小学校体育の世界へ過去、4000人以上(100施設以上)の子ども達(1歳半~13歳)を指導。1000人以上の保育士・体育講師を対象に会社内研修の講師を担当。2010年には、小学校非常勤講師を務める傍ら総合型地域スポーツクラブに関わり、文部科学省「スポーツコミュニティー形成促進事業」の事務局兼、体育コーディネータ-を務め、子どものスポーツコーディネータ-養成講座の講師も同時に務めた経験を持つ。2014年より地元愛媛にて運動スクールを創業。2015年より愛媛県教育委員会主催「愛媛県幼稚園等新規採用教員研修」において実技講師を務め、2018年日本幼児体育学会 研究奨励賞受賞 研究論文「どんな子も活発になるASOBIプログラムの実践研究」。
■青年海外協力隊の友人の協力で、中米ニカラグアの子ども達に運動指導をしたり、コスタリカの小学校体育を見学したりとの経験をもつ。

三児の父。

≪奥の深い幼児・学童期の体育あそび指導の出会い≫

大学では、保健体育専修のスポーツ運動学の研究室でいかに運動をうまく習得するかを学び、子ども達に『できた』の体験を届けるべく幼児体育の世界に入った。

指導し始めの当初、子ども達に『できた』の体験を届けるはずが、大失敗。

小さい子になればなるほど、参加しない子が出てきたり、つまらなそうな雰囲気が漂い、学童や放課後クラブの子ども達になると、『つまらない』や『参加したくない』『自由遊びがしたい』などと連呼され自信喪失

そんな子ども達へ学童指導員の先生から『せっかく来てくださっているのにそんなこと言わないの!!』という言葉に罪悪感をいだく

あらゆる本やビデオ、研修、学会の先生の指導やあそびのスポットなどを見学し、試行錯誤する中で、『あそび』の要素を含む指導に出会う
子ども達は、子ども達の発育発達に合った運動・あそびのスポーツ(大人のルールでない)が必要であり、あそびの中で成長していくことに気づく!!

子どもの 子どもによる 子どものための 運動(スポーツ)

遊びながら高めるこころとからだをコンセプトに指導を展開することで、今まで『頑張れ』と言って苦労していた運動の習得も自然とできるようになり、参加しなかった子が参加したり、話を聞けるようになった
運動が好きという子や自由遊びや家でも積極的にからだを動かす様子が聞かれるようになった
学童や放課後クラブでは、普段 からだを動かさない子も積極的に参加したり、運動の時間に参加するために来てくれる子も出て来るようになった

運動の習得だけでなく、友達との関わり方や工夫、想像、挑戦欲といったこころの動きも指導の狙いに組み込む事で、総合的な人間形成を育むすべての子ども達がからだを動かしたくなる究極の体育あそび指導・あそびスポーツを目指し現在も研究中。